基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

コカイン関連障害

 〔物質関連障害〕には数多くの精神疾患があり、〔コカイン関連障害〕もその中のひとつです。

 コカインは、コカノキ(コカの葉)から抽出されるアルカロイドです。

 この物質は、薬物の一種で、粘膜の麻酔に効力があり、局所麻酔薬として用いられる他、中枢神経に作用して精神を高揚させる作用をします。


 コカインを摂取すると、中枢神経の興奮作用により、信じがたいほどの快感を感じることができ、爽快な気分になります。

 コカインの恐さはここにあり、この快感を一度経験すると、どんな人も決して止められないことにあります。コカインによる依存症は極めて強い部類に含まれますが、主に精神依存性です。

 コカインの中枢作用は、覚せい剤のアンフェタミン類に近いです。コカインの覚醒作用は短時間作用しますが、その強さは強烈です。コカインは麻薬であり、その所持および使用は、麻薬及び向精神薬取締法での規制対称となっています。