HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

ニコチン関連障害


 〔物質関連障害〕には数多くの精神疾患があり、〔ニコチン関連障害〕もその中のひとつです。

 ニコチンは、タバコに含有される液体状のアルカロイドのひとつです。

 ニコチンは摂取すると中枢神経や骨格筋に直接作用して少量で興奮作用をもたらします。

 逆に大量に摂取すると抑制作用が現れてきます。


 ニコチンには強い毒性があり、強い精神的な依存性があります。ニコチンは、最終的には体内で代謝・無毒化されて「コチニン」という物質として尿中に排泄されます。

 ニコチンの毒性は強く、若年者などが摂取すると、悪心、頭痛、嘔吐、発汗、顔面蒼白などの急性中毒症状を引き起こします。大量摂取すると、瞬時発作的に倒れこみ生命の危険にもおよびます。

 ニコチンの慢性中毒では、強い依存性が現れ、身体各部にタバコ病と呼ばれる様々な慢性疾患をもたらします。特に、タバコによる発ガン率は極めて高く、喫煙者は非喫煙者に対して30~50倍もの高率でがんになる危険性があります。