基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

アヘン関連障害

 〔物質関連障害〕には数多くの精神疾患があり、〔アヘン関連障害〕もその中のひとつです。

 アヘン(阿片)は、ケシ(芥子)の実から生産される物質で、麻薬の一種です。

 アヘンは極めて依存性が強い麻薬であり、服用すると最初のうちは天にも昇ったような幸福感が満ちた気分になります。


 しかし、繰り返し使用し身体が慣れてくると、耐性ができその効果が薄れしまい、同様な幸福感を味わうために身体は増量を要求し、遂にはやめることができなくなります。

 もし、止めようとすれば禁断現象(禁断症状)が現れ激しい不快感に襲われます。当初は幸福感を得ようとして服用していたのが、いつの間にか、不快感を避けるために服用するようになり、ますます深みにはまってしまうのです。

 アヘンの常習的使用は、精神的、身体的依存性を生じやすく、やがて慢性中毒症状を起こし、脱力感、倦怠感を感じるようになります。そして次第に精神錯乱を伴う衰弱状態に陥り、最終的には廃人になってしまいます。

 アヘンを乱用すると、呼吸抑制、縮瞳などが起こり、急性毒性によって昏睡や呼吸麻痺で死亡するリスクが非常に高まります。