基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

多物質関連障害

 〔物質関連障害〕には数多くの精神疾患があり、〔多物質関連障害〕もその中のひとつです。

 精神障害を誘起するような化学物質は、たとえその物質の本来の目的が病気・疾患の治療のためであったとしても、連用したり、量を多く用いたりすれば問題を起こします。

 周知のように、アルコールやニコチンはその代表格です。


 アルコールやニコチンに限らず、鎮静剤、催眠剤、抗不安薬をはじめ、このコーナーで取り上げているアンフェタミン、カフェイン、大麻、コカイン、幻覚剤、吸入剤、アヘン、フェンシクリジンなどの物質は、多かれ少なかれ中毒性、依存性を有しています。

 これらの物質の単独での使用で、中毒・依存状態になった場合、それからの離脱には多くの困難を伴います。

 更に、これらの物質を複数を同時に使用することにより中毒や依存状態になると、問題は極めて深刻なものとなります。〔多物質関連障害〕とは、アルコールやニコチンなどの複合並存的な中毒状態や依存状態などを指しています。