基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

神経性頻尿

 〔頻尿〕は排尿回数が普通より増加した状態をいい、〔尿意頻数〕とも呼ぶこともあります。

 2時間以下の間隔で日中に8回以上トイレに行くようなら〔頻尿〕です。極めて高度の頻尿症状をきたしたときには〔尿しぶり〕と呼び、この症状を有する患者は大きな苦痛を訴えます。

 頻尿の原因には、多尿や膀胱容量の減少、下部尿路の閉塞性疾患、炎症性疾患、膀胱異物、膀胱結石などがあります。


頻尿の種類
多尿  糖尿病などの基礎疾患があって大量に水分を摂取したり、慢性的なコーヒーなどの飲みすぎで尿量自体が多い場合です。

膀胱容量の減少  膀胱容量の減少となる疾患には、膀胱腫瘍や骨盤内腫瘍、骨盤部外傷、妊娠などがあります。

下部尿路閉塞性疾患  下部尿路閉塞性の疾患には、前立腺肥大症や前立腺癌、膀胱頸部硬化症、尿道狭窄、尿道結石などがあります。

炎症性疾患  炎症性疾患には、急性炎症としては膀胱炎、後部尿道炎、前立腺炎などがあり、慢性炎症としては、膀胱結核や間質性膀胱炎、放射線膀胱炎などがあります。


 〔頻尿〕のうちで夜間就寝後に尿意回数が増加するものを夜間頻尿と呼び、多くの場合、〔前立腺肥大症〕が原因となります。

 誰でも試験や面接、発表会などの直前になると精神的に緊張して、突然トイレに行きたくなったりします。このような状態が日常的に続いてしまうのが〔神経性頻尿(膀胱神経症)〕です。

 下部尿路や骨盤内にも器質的変化がないのに〔頻尿〕を訴えるものを〔神経性頻尿〕と呼びますが、この場合には就寝後は頻尿がなく、覚醒時のみに症状が起こる特徴があります。

 このように、たびたび尿意があって日中にはよくトイレに行く人でも、夜間睡眠時には〔頻尿〕がないときは〔神経性頻尿〕の可能性が高くなります。