基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔香辛料類〕

 



 香辛料は、調味料の一種で、スパイスとも呼ばれます。

 これらは一般に植物から採取され、調理に独特の香りや辛味を加えたり、色合いを楽しむために用いられます。

 香辛料には、調理の風味を高めてくれたり、味に変化を与え、料理をより美味しくしてくれる働きがあります。

 食欲を刺激・増進したり、食事を美味しくしたりするのです。


 香辛料には、食欲増進作用だけでなく、食肉などのように独特な臭みを持つ食材に対して、その臭みを消したり、腐敗を防ぐ作用もあります。

 香辛料には、非常に多くの種類があり、さまざまな用途に使い分けられています。

 ほとんどの香辛料は、植物の種子や実、球根などから採取されます。採取されたままの実や種子や、それらを乾燥させたもの、乾燥後に細かく砕いて粉にしたものなどがあります。

 たいていの香辛料は少量で強力な効果を発揮するので、家庭向けには小さな容器の販売されることが多いです。
 香辛料を特徴づける成分には、テルペン類やフェニルプロパノイド、アルカロイドなどがありますが、一部はある種の毒物でもあります。

 香辛料は植物などから採取されたままの「単一素材香辛料」と、いくつかの素材を混ぜ合わせた「ブレンド香辛料」とがあります。

 香辛料は、世界各地で愛好されることもあり、同じ香辛料でも、例えば、ウコンのことをターメリックというようにいろいろな名前で呼ばれることがあります。

香辛料の種類 ◆〔香辛料〕にはどんな種類があるのかご紹介します。
香辛料  香辛料はいろいろな植物、特にスパイスと呼ばれる植物の実や花、葉などから採れますが、その数は無数といってもいいほどあります。世界各地にそれぞれの土地にあった香辛料があると考えていいほどです。

 香辛料は単一の植物から採られるものが多いですが、基本となる香辛料に別の植物の実などを混ぜてつくる香辛料もあります。単一で作る香辛料は〔単一素材香辛料〕と呼ばれ、混ぜ合わせて作られる香辛料は〔ブレンド香辛料〕などと呼ばれています。

単一素材香辛料
単一素材香辛料の種類と特徴
アサフェティダ
アジョワン
アニス
ウコン 別名はターメリック
オールスパイス
オレガノ
カルダモン
カレーリーフ
キャラウェイ
クミン
グリーンペッパー
クローブ
コショウ
コリアンダー
サフラン  サフランは、地中海沿岸を原産とするアヤメ科の多年草で、そのめしべを乾燥させてつくる香辛料。
サンショウ  サンショウ(山椒)は、北海道から屋久島、朝鮮半島の南部に分布するミカン科サンショウ属の落葉低木で、別名はハジカミとも呼ばれる。その実に独特な辛味がある香辛料。
シソ  シソ(紫蘇)は、シソ科シソ属の植物で青紫蘇と赤紫蘇とがある。葉や花を香味野菜として刻んで刺身のつまにしたり、天ぷらにもする。乾燥した葉は七味唐辛子にも配合される。青紫蘇の葉は「大葉」とも呼ばれ、赤紫蘇は梅干の色づけに使われる。
シナモン
ショウガ
スターアニス
セージ
タイム
ターメリック 別名はウコン
タデ
タラゴン
ディル
唐辛子 一味唐辛子
ナツメグ
ニンニク
バニラ
パプリカ
フェヌグリーク
フェンネル
ブラックペッパー
ペパーミント
ポピー・シード
ホワイトペッパー
マージョラム
マスタード
ミョウガ
ローズマリー
ローリエ
ワサビ

ブレンド香辛料
ブレンド香辛料の種類と特徴
七味唐辛子
花椒塩
五香粉
かんずり
チリパウダー
ガラムマサラ
柚子胡椒
柚子唐辛子
カレー粉