基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔唐辛子〕

 



 トウガラシ(唐辛子)は、ナス科トウガラシ属の栽培種の果実から得られる辛味の強い香辛料で、一味唐辛子として、または七味唐辛子としてうどんなどの薬味として愛用されています。

 トウガラシの主要な辛味成分は、アルカロイドの中のカプシノイドと呼ばれる化合物のひとつで、カプサイシンと呼ばれる物質です。


 カプサイシンは強い辛味を呈し、脂肪を燃やし血行を促進する作用があります。カプサイシンの辛味はワサビ、カラシの辛みとは成分も違うので風味も異なります。

 トウガラシの主な栄養成分は、カリウム、ビタミンA、ビタミンB2です。鷹の爪(約1g)当りの栄養成分は、カリウム 28mg、ビタミンA 29μg、ビタミンB2 14μg などです。
 カプサイシンは辛味受容体の神経末端を敏感に刺激します。そのため、カプサイシンは辛味の指標である「スコヴィル辛味単位」の基準物質として使用されています。

 2009年3月29日の読売新聞の「サイエンス 学び」のコーナーに辛くないトウガラシ開発の記事が掲載されました。参考までに引用してみましたのでお読みください。