HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
心の病気

対人恐怖症


 〔対人恐怖〕あるいは〔対人恐怖症〕は、他人にどう見られているかを恐れる恐怖であり、他人の視線や他人の存在そのものを恐れる恐怖です。

 他人と接触すると、赤面し、手が震えたり顔の表情がこわばったりします。

 〔対人恐怖症〕の人は、社会的接触を恐れ避けようとすることで、社会生活にいろいろな支障をきたします。


 日常生活で必要とされる人間関係の構築も困難となります。

 この病気は、日本文化独特の症状とされ〔対人恐怖症〕を英語的に表現した「Taijin Kyokfusho Symptoms」の略号として〔TKS〕とも呼ばれます。

 〔対人恐怖症〕の典型的なものを例示すれば、次のようなものがあります。

 ・あがり症
 ・赤面症、赤面恐怖症
 ・視線恐怖
 ・・・