HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

全般性不安障害


 〔全般性不安障害〕は、かつては〔不安神経症〕とか〔ノイローゼ〕と呼ばれていた心の病気です。

 普通の人なら大したことでもない些細なことに、常に不安を抱き、恐怖を感じる病気で、それが6か月以上も長く続きます。

 不安の種が次々と湧き出てきて、心が休まることがなく、常に焦燥感にさいなまされ、緊張や混乱、イライラを覚え、夜も眠れなくなります。


 また、自律神経が不安定となり、動悸や息切れ、胸痛、頻脈、めまい、呼吸困難、腹痛、下痢、不眠、手足のしびれなどの身体症状も出てきます。