HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

統合失調質人格障害


 著しい性格的な偏りが幼児期や青年期から長期間続いていて、その性格のために社会生活に支障をきたし、本人も悩み社会的にも問題を起こすのが〔パーソナリティ障害〕あるいは〔人格障害〕です。

 〔パーソナリティ障害〕には、クラスターA、B、Cという分類があり、〔統合失調質人格障害〕はクラスターAに属しています。


 〔統合失調質人格障害〕は〔シゾイド型人格障害〕とも呼ばれる〔人格障害〕で、社会的関係への関心のなさ、孤独を選ぶ傾向、そして感情的な平板さを持つことが特徴の〔人格障害〕です。

 この疾患は、かなり以前には〔分裂病質人格障害〕と呼ばれていました。

 この〔統合失調質人格障害〕は、かなり稀な〔人格障害〕であり、一般人の罹患率は1%未満だとされています。

 〔統合失調質人格障害〕は次の診断基準の中の少なくとも3つの症状があるかどうかで診断されます。

 ・情緒的な冷たさ、超然とした態度あるいは平板な感情。
 ・積極的なものであれ消極的なものであれ、感情というものを他人に伝える能力が限定されている。
 ・一貫して孤立した行動を好む。
 ・親しい友人や恋人が(もしいたとしても)ほとんどおらず、そういった関係を望まない。
 ・賞賛にも批判に対しても無関心である。
 ・喜びを感じられる活動が、もしあったとしても、少ししかない。
 ・社会規範や慣習へ無関心である。
 ・空想や内省へ没入する。
 ・他人と性的関係を持つことへの欲望の欠如が認められる。