HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

統合失調型人格障害


 著しい性格的な偏りが幼児期や青年期から長期間続いていて、その性格のために社会生活に支障をきたし、本人も悩み社会的にも問題を起こすのが〔パーソナリティ障害〕あるいは〔人格障害〕です。

 〔パーソナリティ障害〕には、クラスターA、B、Cという分類があり、〔統合失調型人格障害〕はクラスターAに属しています。


 〔統合失調型人格障害〕は、〔人格障害〕のなかでクラスターAに分類される精神障害ですが、風変わりで自閉的で妄想を持ちやすく、奇異で閉じこもりがちな性質を持つとされています。

 〔統合失調型人格障害〕があると、しばしば円滑な対人関係を築くことができず、協調性をもった行動ができません。

 支離滅裂な言動が目立つようになり、「関係念慮」と呼ばれる傾向が見受けられます。少し離れたところでボソボソと話している人たちがいると、自分の悪口を言っているのではないかなどと思うようになります。

 超能力などへの関心、不適切な思考の出没などの病的障害が認められますが、幻覚や幻聴などの徴候はありません。

 統合失調型人格障害の特徴的症状は次のようなものです。

統合失調型人格障害の特徴的症状
奇妙な言動  話の内容が曖昧、抽象的、突飛で奇妙な言動、服装をする。

関係念虜  他人が話していると、自分の事を話している、馬鹿にしていると思い込む。

超常体験  迷信深さ、霊感、千里眼、テレパシー、第六感、超能力を異常に信じ込む。

猜疑心  疑い深く、人を信用しない。

孤立  一親等の親族以外には、親しい友人または信頼できる人がいない。

妄想不安  社会に対して過剰で妄想的な不安感を示し、慣れでも軽減できず、妄想的恐怖を伴う。