基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

反社会性人格障害

 著しい性格的な偏りが幼児期や青年期から長期間続いていて、その性格のために社会生活に支障をきたし、本人も悩み社会的にも問題を起こすのが〔パーソナリティ障害〕あるいは〔人格障害〕です。

 〔パーソナリティ障害〕には、クラスターA、B、Cという分類があり、〔反社会性人格障害〕はクラスターBに属しています。


 〔反社会性人格障害〕は、以前には〔社会病質人格〕とか〔サイコパス〕とも呼ばれていた人格障害で、女性よりも男性に多く見られます。

 〔反社会性人格障害〕は、他人の権利や感情を無神経に軽視する〔精神障害〕で、他人に対して常に不誠実であり欺瞞に満ちた言動をします。人を騙したりする能力には優れ、自分が欲しいものを手に入れるためや、自分の楽しみのためなら、無謀で残虐な行為を平気で行います。

 〔反社会性人格障害〕の人は、アルコール依存症、薬物依存、性的逸脱行動、犯罪などの傾向が強く、大きな反社会性の問題を起こしやすいです。

 自分自身ではこの病気を治したいという意欲がないため、治療は極めて困難です。また、このような患者は一般に短命の傾向があります。