HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

境界性人格障害


 著しい性格的な偏りが幼児期や青年期から長期間続いていて、その性格のために社会生活に支障をきたし、本人も悩み社会的にも問題を起こすのが〔パーソナリティ障害〕あるいは〔人格障害〕です。

 〔パーソナリティ障害〕には、クラスターA、B、Cという分類があり、〔境界性人格障害〕はクラスターBに属しています。


 〔境界性人格障害〕は最近では〔境界性パーソナリティ障害〕と呼ばれる〔人格障害〕であり、〔情緒不安定性人格障害〕〔ボーダーライン〕とも呼ばれる精神疾患です。

 〔境界性人格障害〕は、主に思春期から成人期に発症する〔人格障害〕で、患者数は人口の1~2%ほどだとされています。

 〔境界性人格障害〕は次の診断基準の中の少なくとも5つの症状があるかどうかで診断されます。

 ・見捨てられ不安。
 ・理想化とこき下ろしに特徴づけられる不安定な対人関係。
 ・同一性の障害。
 ・衝動性。
 ・自殺企図。
 ・感情不安定。
 ・慢性的な空虚感。
 ・怒りの制御の困難。
 ・一過性の妄想様観念・解離。