HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

自己愛性人格障害


 幼児期や青年期から、著しい性格的な偏りが長期間続いていて、その性格のために社会生活に支障をきたし、本人も悩み社会的にも問題を起こすのが〔パーソナリティ障害〕あるいは〔人格障害〕です。

 〔パーソナリティ障害〕には、クラスターA、B、Cという分類があり、〔自己愛性人格障害〕はクラスターBに属しています。


 〔自己愛性人格障害〕は〔ナルシスト〕とも呼ばれています。ありのままの自分を愛すことができず、自分は優越的で素晴らしく、特別で偉大な存在でなければならないと思い込む〔人格障害〕です。

 いつでも自分は特別なものだと感じているので、対人関係にさまざまな問題が生じ、自分が他人から非難されることなどとても耐えることが出来ません。

 〔自己愛性人格障害〕には二つのタイプがあって、ひとつは「無自覚タイプ」といい、母親の過剰な愛情により育てられたために、自分は特別な人間なのだという意識が強く、厚顔無比で我まま放題な振る舞いをします。

 もうひとつは、まったく逆に「過剰警戒タイプ」で、母親の愛情を受けたこともなく、褒められたこともないために、本当の自分はもっとすごいんだという密かな想像をして、傷ついた自尊心を取り戻そうとします。傷つきやすく、過敏性が強いタイプです。

 どちらのタイプの〔自己愛性人格障害〕も、「自分は特別なんだ」と思っている点で共通しています。その原因の多くは、父親の不在と母親の過剰な愛情です。

 〔自己愛性人格障害〕は次の診断基準の中の少なくとも5つの症状があるかどうかで診断されます。

 ・自分は特別重要な人間だと思っている。
 ・限りない成功、権力、才能、美しさにとらわれていて何でもできる気になっている。
 ・自分が特別であり、独特であり、一部の地位の高い人たちにしか理解されないものだと信じている。
 ・過剰な賞賛を要求する。
 ・特権意識を持っている。自分は当然優遇されるものだと信じている。
 ・自分の目的を達成するために相手を不当に利用する。
 ・他人の気持ちや欲求を理解しようとせず、気づこうともしない。
 ・他人に嫉妬をする。逆に他人が自分をねたんでいると思い込んでいる。
 ・尊大で傲慢な態度、行動をとる。