基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

一般身体疾患による精神障害の分類

 アメリカ精神医学会発行の「精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-IV)」というものがあります。

 この分類方法の中の、「一般身体疾患による精神障害」に関する詳細分類と診断基準を示しています。

 身体疾患による精神障害には、〔緊張病性障害〕と〔人格変化〕があります。


 〔人格変化〕には、不安定型、脱抑制型、攻撃型、無欲型、妄想型、混合型、特定不能型などがあります。

 身体疾患による精神障害に属する疾患には、〔意識障害〕〔意識の変容〕〔せん妄〕〔ハンチントン舞踏病〕〔パーキンソン病〕〔てんかん〕などがあります。

 身体疾患による精神障害に共通する治療は、基にある身体疾患の治療が基本となりますが、その精神症状が真に身体疾患によるものか、精神疾患によるものかを判定するには大変な困難が伴います。

一般身体疾患による精神障害 ◆〔一般身体疾患による精神障害〕についてご説明します。
一般身体疾患を示すことによる緊張病性障害

一般身体疾患を示すことによる人格変化 ◆不安定型
◆脱抑制型
◆攻撃型
◆無欲型
◆妄想型
◆その他の型
◆混合型
◆特定不能型

一般身体疾患を示すことによる特定不能の精神疾患


一般身体疾患による精神障害の診断基準 ◆〔一般身体疾患による精神障害〕の診断基準についてご説明します。
一般身体疾患を示すことによる緊張病性障害

一般身体疾患を示すことによる人格変化 ◆不安定型
◆脱抑制型
◆攻撃型
◆無欲型
◆妄想型
◆その他の型
◆混合型
◆特定不能型

一般身体疾患を示すことによる特定不能の精神疾患