基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

気分障害の分類

 アメリカ精神医学会発行の「精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-IV)」というものがあります。

 この分類方法の中の、〔気分障害〕に関する詳細分類と診断基準を示しています。

 〔気分障害〕は、〔感情障害〕とも呼ばれ、気分が沈んだり、高揚したりする病気です。


 一時的に妄想や幻聴などの精神病症状がでることもあります。気分障害には、〔双極性障害(躁うつ病)〕と〔うつ病性障害(うつ病)〕などがあります。

気分障害の詳細分類 ◆〔気分障害〕の詳細分類についてご説明します。
双極性障害 ・I型双極性障害:躁病とうつ病
・II型双極性障害:軽い躁症状とうつ症状
・気分循環性障害:軽い躁症状と軽いうつ症状
・特定不能の双極性障害

うつ病性障害 ・大うつ病性障害:いわゆるうつ病。軽度、中等度、重度に分けられる。
・気分変調性障害:軽いうつ症状が2年以上続く(抑うつ神経症)
・抑うつ関連症候群
 ・小うつ病性障害・・・・・・・・・症状の軽いうつ病(軽症うつ病)
 ・反復性短期抑うつ障害・・・短期のうつ状態が繰り返される(軽症うつ病)
 ・月経前不快気分障害・・・・女性特有の生理的うつ状態

一般身体疾患を示すことによる気分障害

特定不能の気分障害


気分障害の診断基準 ◆〔気分障害〕の診断基準についてご説明します。
双極性障害

うつ病性障害

一般身体疾患を示すことによる気分障害

特定不能の気分障害