HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

気分障害の分類


 アメリカ精神医学会発行の「精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-IV)」というものがあります。

 この分類方法の中の、〔気分障害〕に関する詳細分類と診断基準を示しています。

 〔気分障害〕は、〔感情障害〕とも呼ばれ、気分が沈んだり、高揚したりする病気です。


 一時的に妄想や幻聴などの精神病症状がでることもあります。気分障害には、〔双極性障害(躁うつ病)〕と〔うつ病性障害(うつ病)〕などがあります。


気分障害の詳細分類 ◆〔気分障害〕の詳細分類についてご説明します。
双極性障害 ・I型双極性障害:躁病とうつ病
・II型双極性障害:軽い躁症状とうつ症状
・気分循環性障害:軽い躁症状と軽いうつ症状
・特定不能の双極性障害

うつ病性障害 ・大うつ病性障害:いわゆるうつ病。軽度、中等度、重度に分けられる。
・気分変調性障害:軽いうつ症状が2年以上続く(抑うつ神経症)
・抑うつ関連症候群
 ・小うつ病性障害・・・・・・・・・症状の軽いうつ病(軽症うつ病)
 ・反復性短期抑うつ障害・・・短期のうつ状態が繰り返される(軽症うつ病)
 ・月経前不快気分障害・・・・女性特有の生理的うつ状態

一般身体疾患を示すことによる気分障害

特定不能の気分障害




気分障害の診断基準 ◆〔気分障害〕の診断基準についてご説明します。
双極性障害

うつ病性障害

一般身体疾患を示すことによる気分障害

特定不能の気分障害