HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

音声チック障害


 チックとは、顔面や頚部、四肢などの限定的筋群に突発的、反復的に現われる、急速で持続時間の短い、常同的な不随意運動をいいます。

 特定の身体部位の震えや頻繁な瞬きのような〔運動チック〕と奇声をあげるなどの〔音声チック〕と呼ばれる二つの種類があります。

 多くの場合、チック障害は幼児期から18歳未満の年代に多く発症し、4週間以上持続しますが、一定期間内で消失します。


 チック症状が発症し一年未満で消失した場合には〔一過性チック障害〕と呼びますが、一年以上継続する場合には、〔慢性チック障害〕と呼ばれます。

 音声チックが一年以上の期間を通して、ほとんど毎日、または間歇的に、1日に何回となく生じ、しかも3か月以上の間チックが発生しない時期がないときを〔慢性音声チック障害〕または単に〔音声チック障害〕と呼んでいます。

 〔音声チック障害〕では、音声チックは起こりますが、運動性チックは起こりません。(運動性チックと音声チックの双方が同時に起こるチックは〔トウレット障害〕と呼ばれます。)

 〔慢性運動性チック障害〕や〔音声チック障害〕、更には〔トウレット障害〕が発症しやすい家系があり、これらの障害は遺伝的に起こりやすい傾向が大きいです。特に、一卵性双生児で一方が発症する場合、もう一方でも発症する確率が高いです。

 多くの場合、5~8歳の頃チックが始まり、通常4~6年ほど症状が続きますが、青年期早期には自然に治ります。一般に予後は悪くありません。