基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

一過性チック障害

 チックとは、顔面や頚部、四肢などの限定的筋群に突発的、反復的に現われる、急速で持続時間の短い、常同的な不随意運動や発声をいいます。

 身体の特定部位の震えや頻繁な瞬きのような〔運動チック障害〕、および奇声を発するような〔音声チック障害〕の二種類があります。


 チックの症状は、無意識、無目的に起こる突然的、反復的な運動や発声であり、典型的な症状には「肩すくめ」「瞬き」「咳払い」「舌打ち」などがあります。

 〔チック障害〕には、チックの発症が一過性である〔一過性チック障害〕や慢性的に起こる〔慢性チック障害〕などがあり、更に、汚い言葉を発し攻撃性を伴い社会生活に問題を起こす〔トウレット障害〕と呼ばれる種類もあります。

 これらの〔チック障害〕の中で、症状が4週間以上にわたって毎日起こるものの、1年以上続くことはなく、自然に治るものを〔一過性チック障害〕と呼びます。

 このような障害は、主に4~11歳ごろの子どもに、6~7歳をピークとして発症しますが、女児より男児に多い傾向にあります。

 このように〔一過性チック障害〕は、短期間で自然に治癒するため、予後は特別に問題がなく良好です。