基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

特定不能の幼児期・小児期・青年期の障害

 広い意味での〔幼児期・小児期・青年期障害〕には、次のような非常に多くの種類があります。

 ・〔精神遅滞〕
 ・〔学修障害〕
 ・〔運動機能障害〕
 ・〔コミュニケーション障害〕
 ・〔広汎性発達障害〕
 ・〔注意欠陥および破壊的行動障害〕
 ・〔幼児期または小児期早期の哺育・摂食障害〕
 ・〔チック障害〕
 ・〔排泄障害〕


 〔幼児期・小児期・青年期障害〕の中で、これらに属さない障害を〔幼児期・小児期・青年期の他の障害〕と呼び、その中には次のものがあります。

 ・〔分離不安障害〕
 ・〔選択性緘黙(かんもく)〕
 ・〔幼児期または小児期早期の反応性愛着障害〕
 ・〔常同運動障害〕

 上記のような、広い意味での〔幼児期・小児期・青年期障害〕や〔幼児期・小児期・青年期の他の障害〕のどれかに類似の症状があるものの、それらの診断基準に完全には合致しないような障害がある場合に、〔特定不能の幼児期・小児期・青年期の障害〕と診断されます。