基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

むずむず脚症候群

 〔むずむず脚症候群〕は、就寝しようと寝床に入ると、脚にむずむずとした不快感が生じて、じっとしていられなくなり、寝付きが悪くなる睡眠障害です。

 英語からの訳として〔レストレス・レッグス症候群〕とも呼ばれます。

 この障害の患者は、膝から足首の間で特にふくらはぎあたりがむずむずすると訴えます。


 そして、虫が身体を這っているような感じがすると言ったり、身体内部に痒みのようなものを感じるなどの表現で症状を訴えます。

 この症状は、就寝時や休息時間に発症するために就寝時の入眠を妨害するだけでなく、睡眠中に起こるとそのまま眠れなくなることも多々あります。

 休息時に起こると十分な休息が取れなくなります。このため、睡眠不足だけでなく、昼間の眠気に悩まされることとなります。

 〔むずむず脚症候群〕は、高齢者に多く発症する傾向があり、〔周期性四肢運動障害〕を合併することが多いです。

 この障害の発症原因は不明ですが、コーヒーやアルコールの過剰な摂取は誘引因子になることがあるとされていますので、症状のある方は、これらを控えたほうがいいです。また、就寝前に脚のマッサージをすると発症を抑えたり、症状を軽減する効果があります。