HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

薬の副作用による睡眠障害


 風邪薬などを飲むと眠くなる人が多いです。

 このように何かの身体疾患や心の病気のために服用する医薬の副作用で、眠くなったり、不眠になったり、あるいは、睡眠の概日リズムがずれてしまう場合があります。

 風邪薬などの副作用で起こる過度な眠気などの〔睡眠障害〕を〔薬の副作用による睡眠障害〕と呼んでいます。


 心身疾患の治療用として服用する薬には、服用すると眠気が強くなる薬、睡眠薬と同時に服用すると睡眠薬の作用を強くし過ぎる薬、服用を急にやめると眠気が強くなる薬などがあります。

 たとえば、風邪薬のルルを飲むとすぐ眠くなる人が多いですが、そのような人でもパブロンなら何ともないという人もいます。

 薬によっては、昼寝はいくらでもできるのに、夜間に不眠を訴える人もいます。このような場合は、薬の副作用により概日リズムが狂ってしまっている可能性があります。