基本分野選択:HOME現在:栄養成分 現在:PC版スマホ版へ移動
 
栄養成分栄養成分全般栄養の秘密基本栄養素機能性成分6つの基礎食品群食事バランスガイド活性酸素抗酸化物質タンパク質・アミノ酸糖質・炭水化物脂質・脂肪酸
ビタミンミネラル食物繊維硫黄化合物ポリフェノールカロテノイドアルカロイド機能性アミノ酸ビタミン様物質糖アルコール酵素酵母
善玉菌類他の機能性成分五十音検索ABC検索数値記号検索  
栄養成分

6つの基礎食品群

 一家の食事をあずかる主婦にとって、毎日の献立づくりや栄養バランスを考えることはとても神経をつかいます。

 ときには、家族の食卓をどうするか考えると、ストレスが溜まってしまい、どうしていいか分からなくなることもあるとか。こんなとき、便利なのが「6つの基礎食品群(6群分け)」です。


 6つの基礎食品群は、食べ物を栄養素ごとに、第1群から第6群までの6つの品目群に分類していて、小さな子供のいる家庭からお年寄りの食事まで対応できるように工夫されています。

 6つの品目群から、まんべんなく食材を選び出して献立を考えれば、自然と食事のバランスがとれるようになっています。

 第1群から第6群までのおおよその栄養素の配分は右の表に示すようになっています。
各基礎食品群の特徴(6群分け)
第1群  第1群の基礎食品群は、魚、肉、卵、大豆、大豆食品などで、主にたんぱく質の供給源となる食品です。骨や筋肉などをつくり、エネルギー源となります。

第2群  第2群の基礎食品は、牛乳、乳製品、海藻、小魚類などで、主にカルシウムの供給源となる食品です。骨や歯をつくり、体の各機能を調節する作用をします。

第3群  第3群の基礎食品は、緑黄色野菜などで、主にカロチンの供給源となる食品です。皮膚や粘膜を保護し、体の各機能を調節する作用をします。

第4群  第4群の基礎食品は、淡色野菜、果物などで、主にビタミンCの供給源となる食品です。体の各機能を調節する作用をします。

第5群  第5群の基礎食品は、砂糖、穀類、芋類などで、主に炭水化物の供給源となる食品です。身体で必要なエネルギーをつくりだす作用をします。

第6群  第6群の基礎食品は、油脂類、脂肪の多い食品などで、主に脂肪の供給源となる食品です。身体で必要なエネルギーをつくりだす作用をします。



6つの基礎食品群 ◆〔6つの基礎食品群〕と栄養バランスのよい食材をご説明します。
第1群の食品  第1群の基礎食品群は、肉類、魚介類、卵、大豆、大豆食品などで、主にたんぱく質の供給源となる食品です。骨や筋肉などをつくり、エネルギー源となります。

 第1群の基礎食品は、良質なたんぱく質の供給源となるほか、副次的な効果として、脂肪やカルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などが摂取できます。

第1群の基礎食品群の例
肉類  牛肉、豚肉、鶏肉、ハム・ソーセージなど。

魚類  魚、貝、イカ、たこ、カニ、かまぼこ、ちくわなど。

 鶏卵、うずら卵など

大豆・大豆食品  大豆、豆腐、納豆、生揚げ、がんもどき、味噌、など。


第2群の食品  第2群の食品は、「牛乳」や「乳製品」「小魚類」などのカルシウムの多い食品で、歯や骨をつくり、身体の各機能を整える食品です。

 第2群の基礎食品は、カルシウムの供給源として重要な食品です。また、良質たんぱく質、ビタミンB2などの供給源としての役割も大きい食品です。

第2群の基礎食品群の例
牛乳・乳製品  牛乳、スキムミルク、チーズ、ヨーグルトなど。

小魚類・海藻類  めざし、わかさぎ、煮干、しらす干しなどの小魚や、わかめ、こんぶ、のり、ひじきなど。


第3群の食品  第3群の食品は、色の濃い野菜でカロチンの多い「トマト」や「ホウレンソウ」「人参」「カボチャ」など食品で、皮膚や粘膜を保護し身体の各機能を整える食品です。

 第3群の基礎食品は、ビタミンA(カロチン)の供給源として重要な食品です。また、ビタミンCやカルシウム、鉄、ビタミンB2などの供給源としての役割も大きい食品です。

第3群の基礎食品群の例
緑黄色野菜  カボチャ、ピーマン、長ネギの緑部分、人参、ホウレンソウ、大根の緑部分、小松菜、トマト、ブロッコリー。


第4群の食品  第4群の食品は、ビタミンCや食物繊維が豊富で、免疫力をアップする「キャベツ」や「大根」などの野菜や「りんご」「みかん」「バナナ」などの食品で、主にビタミンC、ミネラルを補え、身体の各機能を整える食品です。

 第4群の基礎食品は、ビタミンCの供給源として重要な食品です。また、カルシウムやビタミンB2、ビタミンB1などの供給源としての役割も大きい食品です。

第4群の基礎食品群の例
野菜類  だいこん、はくさい、キャベツ、きゅうり、トマト、長ネギ白部分、タマネギ、大根白部分、など。

果物類  みかん、りんご、なし、いちご、バナナなど。


第5群の食品  第5群の食品は、体内で素早くエネルギーに変換される「ご飯」や「芋類」「パン」「麺類」などの食品で、主に炭水化物を補える食品、身体の各機能を整え、エネルギー源となる食品です。

 第5群の基礎食品は、糖質性エネルギー源として重要な食品です。また、いも類は、糖質のほかに、ビタミンB1、ビタミンCなども比較的多く含みます。

第5群の基礎食品群の例
穀物類  ご飯、パン、餅、小麦粉、ジャガイモ、サツマイモ、砂糖など。

麺類  うどん、そば、スパゲッティなど。


第6群の食品  第6群の食品は、油脂類脂肪の多い食品です。体内で素早くエネルギーに変換される「バター」や「マーガリン」「油類」などの食品で、主に脂質を補える他、ビタミンAやビタミンDも豊富な食品です。

 第6群の基礎食品は、脂肪性エネルギー源として重要な食品です。また、必須脂肪酸※の供給源ともなります。これらは重要な働きをしますが、体内で産生することはできません。

第6群の基礎食品群の例
油類  ごま油、サラダ油、てんぷら油、ラード、バター、マーガリンなど。

油脂類食品  マヨネーズ、フレンチドレッシング、ドレッシングなどを含む。