基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔月見草油〕

ハーブ類とは セージ サフラン 月見草油
エキナセア ウコン

月見草の写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 月見草は、アカバナ科マツヨイグサ属の多年草です。原産地はメキシコで、江戸時代に観賞用として渡来しました。6~9月頃に花期を迎え、白色の花が夕方から咲きはじめ、翌朝には薄いピンク色となってしぼみます。

 黄花のオオマツヨイグサ、マツヨイグサ、メマツヨイグサのことを月見草と呼ぶこともあります。多くの場合、月見草油とは、マツヨイグサかメマツヨイグサ由来の油です。

 月見草の種子には多価不飽和脂肪酸であるリノール酸、γ-リノレン酸,α-リノレン酸などを豊富に含んでいます。

 月見草の種子から採取される月見草油は、イブニングプリムローズオイルとも呼ばれ、様々な優れた作用をもつキャリアオイルです。

 月見草油は、医薬用や化粧品用の原料となるほか、食用として幅広く使われています。




原産地・歴史 ◆〔月見草油〕の原産地や由来・歴史は、どんなですか?
月見草の原産地  月見草は、アカバナ科マツヨイグサ属の多年草で、原産地は北アメリカ、メキシコ辺りのハーブです。欧米では「イブニング・プリムローズ」と呼ばれています。

 ヨーロッパへは17世紀はじめに持ち込まれ、現在では地中海沿岸に広く自生しています。日本へは、江戸時代に観賞用として伝来しました。

 月見草の花期は、6~9月頃の夏場の夕方に白色~淡い黄色の花をゆっくりと咲かせ、翌朝には薄いピンク色に変わりながらしぼんでしまいます。一夜限りの花を咲かせることから月見草という名称の由来です。

 花がしぼむと、種子の形成がはじまり、同時に茎の先端方向には次の花を咲かせる準備に入ります。月見草は生命力の強いハーブで、乾燥地帯や海辺などの厳しい環境下でも繁殖します。

月見草油とは  月見草油(イブニングプリムローズオイル)は、月見草の種子から低温圧搾して採取される淡黄色~黄色の透明液状オイルで、近年、さまざまな作用があると注目されているキャリアオイル(精油)です。

 月見草は、古くから「King's cureall(王様の万能薬)」と呼ばれることもあり、原産地の北アメリカ先住民は、月見草の種子を煎じて、傷薬として使用していました。

 月見草油は、現在では医薬用や老化肌用基礎化粧品用の原料として、あるいは食用として広く使われるようになりました。


主な栄養成分 ◆〔月見草油〕の主な栄養成分は何ですか?
月見草油の栄養成分  月見草油には、必須脂肪酸であるリノール酸やγ-リノレン酸、オレイン酸などが豊富に含まれます。特に免疫に関係するリノール酸が非常に豊富に含んでいる特徴があります。

月見草油の含有成分
リノール酸 70~77%  リノール酸は、母乳にも含まれる必須脂肪酸。

γ-リノレン酸 9~11%  ガンマリノレン酸は、ストレスやアンバランスな食生活で不足しがちの栄養素で、コレステロールを低下作用があり、コレステロール症の治療や予防、肥満症の治療に高い効果があります。

オレイン酸 5~11%

パルミチン酸 5.5~7%

ステアリン酸 1.5~2.5%

α-リノレン酸 0~1%

アラキジン酸 0~1%

イコセン酸 0~1%



主な効果・効用 ◆〔月見草油〕の主な効果・効用は何ですか?
月見草油の効能  月見草油の主な用途は、医薬用原料、化粧品用原料、アロマテラピー用精油(マッサージオイル)、および食用です。

月見草の効能
医療用原料  月見草油を医薬品として服用する目的は、心筋梗塞、リウマチ、アトピー性皮膚炎、脳管、心臓血管の疾患などの治療です。更に、コレステロール症の治療や予防、肥満症の治療に高い効果があります。

 女性にとっての利用法では、月経前症候群(PMS)の緩和、更年期障害の症状緩和などがあります。

 一般的に効果が期待されている症状は次のようなものです。

 ・血液中のコレステロール値の低減。
 ・高血圧を正常化。
 ・湿疹の治癒・改善。
 ・リュウマチ性関節炎の緩和。
 ・唾液と涙の生成機能の正常化。
 ・月経前の痛みの緩和。
 ・二日酔いを緩和。
 ・関節炎の進行抑制。

化粧品用原料  一般的に使用されるのは、石けん、化粧水、乳液、メイクアップ化粧品、シャンプー、リンスなどの原料です。化粧品としては、炎症を抑制し痒みを鎮めるためや、皮膚の保護、にきびの予防、保湿防止、しわ発生防止などの目的に使用します。

精油  体内の脂肪の代謝を促進しるので、シェイプアップ用のマッサージオイルとして使用される。健やかな肌が得られる。

食用  月見草油を食用として使うときは、加熱せずにサラダのドレッシングなど料理に、あるいは、ミルクなどと併せてオイルを飲用することもできます。



用法・用量 ◆〔月見草油〕の用法・用量はどうなりますか?
月見草油の用法・用量  月見草油は、サラダなどのドレッシングとして直接摂取することもありますが、他の食用油脂に比べて不飽和脂肪酸が多いため、保存安定性が著しく悪いため、最近では直接摂取はあまり行われていません。

 一般的には、サプリメントとして摂取するのが普通です。女性向けなどに各種成分を配合した月見草油入りサプリメントが市販されています。


副作用・留意点 ◆〔月見草油〕の副作用や留意点はありますか?
月見草油の留意点  月見草油を飲用しても特に副作用はないですが、ブタクサ・アレルギーを持つ方には、アレルギー症状が出現することがあります。このような方は飲用しない方がよいでしょう。


健康食品・サプリメント ◆〔月見草油〕の健康食品・サプリメントはありますか。
市販の健康食品・サプリメント  月見草油の市販健康食品・サプリメントは、ケンコーコムなどから販売されています。これらのご利用に関しては、販売会社のご説明だけでなく、上記の内容もよく理解して下さるとよいと思われます。

月見草油健康食品・サプリメントの例
ケンコーコム ・ヘルシーワン イブニングプリムローズ(月見草)
・セルフコントロールシリーズ 月見草オイル
・チャーラティーノ