基本分野選択:HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめカラオケ愛唱館
sentofu体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進栄養成分健康食品全身美容保険介護健康用語nullサイト情報


 
保険介護保険介護全般健康保険介護保険老人福祉医療制度  
保険介護
 

信号様式GIFアニメ 信号様式GIFアニメ

 

〔入院料等〕

 

 ご存知のように、保険診療の場合の医療費は、診察・検査・処置・手術・投薬などのそれぞれの診療行為ごとに細かく定められています。●●の治療は〇〇点、▲▲の薬は△△点といったように、すべて「医科診療報酬点数」と呼ばれる点数が決まっています。

 この点数は、「1点=10円」で計算され、医療機関はこの決められた点数に従って医療費を計算しています。患者は健康保険の種類や年齢などの条件に従って、この医療費の10%や30%を支払います。残りは健康保険から支払われます。


 病気や怪我の治療で入院した場合の入院料は、基本的に次の表に示す4つの項目で構成されています。

 基本となる入院料は、「入院基本料」ですが、更に「入院基本料加算」や「特定入院料」および「短期滞在手術基本料」が加わる形で算定されます。

 それぞれの入院料などは、非常に多くの項目を含み、項目ごとに医科診療報酬点数が定められています。


 入院した場合、老人患者以外の一般患者は、入院料の内、保険により定まる自己負担分を支払います。

 尚、手術などで高額な医療費がかかる場合で、一定額以上の自己負担分を超える金額については高額医療の還付制度があります。(詳細は最寄の市町村役場や社会保険事務所にご相談してください。)

基本的な入院料の分類
入院基本料  医師の診察料、看護職員による看護料、入院環境(病室・寝具・浴室・食堂・冷暖房・光熱水道など)の提供の対価
入院基本料等加算  入院体制加算、看護配置加算、療養環境加算、栄養管理実施加算等
特定入院料  救命救急医療料、特定集中治療室管理料、特殊疾患入院医療管理料等
短期滞在手術基本料  日帰り手術、1泊2日~4泊5日の場合の手術

入院できる病棟や病院の種類 ◆入院できる病棟や病院の種類についてご説明します。
入院できる病棟や病院

 入院料の算定システムは、非常に複雑で、病棟や病院の種類、平均在院日数、看護配置などにより異なります。入院できる病棟や病院の種類については、次のようになっています。

入院できる病棟や病院の種類
一般病棟 一般的な病気や怪我での入院
療養病棟 慢性疾患などでの長期間入院
結核病棟 結核患者の入院
精神病棟 精神病患者の入院
特定機能病院 高度な医療設備を備え先進的医療を行う大学病院など
専門病院 悪性腫瘍、循環器疾患等の高度かつ専門的な医療を行う病院
障害者施設等 身体的、精神的障害者の治療、訓練にあたる施設
有床診療所 入院設備を備えている診療所
有床診療所療養病床


看護配置の種類 ◆〔看護配置〕の種類についてご説明します。
看護配置の種類

 看護配置とは、患者の人数に対する看護職員(看護師・准看護師・看護補助者)の人数のことをいいます。患者数に対して看護職員の人数が多い病棟の方が、看護が手厚いということになり、医科診療報酬点数は高くなります。

 看護配置は、1日24時間を平均して、患者に対する看護職員の配置数の比率で表しますが、次のような場合があります。

看護配置の名称と看護職員数
7:1 看護職員1人:患者7人
10:1 看護職員1人:患者10人
13:1 看護職員1人:患者13人
15:1 看護職員1人:患者15人
18:1 看護職員1人:患者18人
20:1 看護職員1人:患者20人