基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔アガリクス〕

きのこ類とは アガリクス 霊芝 冬虫夏草
メシマコブ 椎茸 松茸 マイタケ
ナメコ エリンギ マッシュルーム ヤマブシ茸
ハナビラ茸 オオヒラ茸 ヒラ茸 キクラゲ
トリュフ チャーガ グルカン シイタケエキス

アガリクスの写真 
(出典:Wikipedia, the free encyclopedia) 
 アガリクスは、ブラジル原産のキノコですが、正式名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といい、日本からブラジルに移民した人たちの手で1965年頃に初めて人工栽培に成功しました。

 この茸は「姫マツタケ」「カワリマツタケ」あるいは「カワリハラタケ」などとも呼ばれています。

 このキノコには、豊富なたんぱく質の他に、ビタミンB2、ビタミンD、マグネシウム、カリウム、β-グルカンなどの有用成分が含まれています。

 特に、このβ-グルカンにより、優れた抗ガン作用があるとされています。


 アメリカのペンシルベニア州立大学のシンデン教授やランバート研究所のランバート教授らが医学的な研究を行い、抗ガン作用を発見しました。

 当時、重症の皮膚がんで闘病していたレーガン大統領が医学的な治療とこのアガリクスの服用により奇跡的に回復したことで世に広く知られるようになりました。

 日本では岩出博士が研究し「姫マツタケ」あるいは「ヒメマツタケ」として知られるようになりました。

原産地・歴史 ◆〔アガリクス〕の原産地や由来・歴史は、どんなですか?
アガリクスの原産地  アガリクスは、もともとはブラジル原産のキノコであり、学名は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」と呼ばれています。原産地であるブラジルサンパウロ付近の山地ピエダーデという地域は成人病や、生活習慣病、およびがん患者が少ない長寿の里として知られていました。

 もともとアガリクスは、人工栽培が難しいキノコでしたが、1965年にブラジルより移入されて、人工栽培されるようになり、以来、このキノコを原料とした健康食品がアガリクスの名称で広く普及するようになりました。

アガリクスの効能発見  このキノコを有名にしたのは、米国ペンシルベニア州立大学のシンデン教授とランバート研究所のランバート教授ら発表した「アガリクス茸には抗がん作用が認められる」という論文でした。

 当時、アメリカのレーガン大統領は重度の皮膚がんで闘病中でしたが、医薬によるがん免疫治療と同時にアガリクスの摂取を行うことで奇跡的な回復をしたことが知られ、アガリクスの名が広く世界に知られることとなったのです。

 現在は、アガリクスという名称が一般的なものとなっていますが、日本では岩出博士が命名した名称である「ヒメマツタケ(姫マツタケ)」が正式名称となっています。アガリクスは、「ハラタケ属」と呼ばれる茸の総称であり、このヒメマツタケ(姫マツタケ)を含めて32種類もの茸があります。それぞれの種類が、固有な成分や特徴を持っていますが、抗がん作用が認められているのはヒメマツタケだけとされています。


主な栄養成分 ◆〔アガリクス〕の主な栄養成分は何ですか?
アガリクスの含有成分  アガリクスは、免疫機能を高める多糖類をはじめ多くの有効成分を含んでいることが東京薬科大学や三重大学での研究で分かっています。アガリクスは豊富なたんぱく質を含有するほか、抗がん作用の主体とされる各種グルカン含有量が茸類の中で最多とされています。

 アガリクスに含有される主な成分は、6種類の多糖類、18種類のアミノ酸、10種類のビタミン類、16種類のミネラル、54種類の植物性酵素、その他、植物繊維やポリフェノールなどです。

アガリクスに含まれる成分
多糖類  アガリクスには、β-グルカン、α-グルカン、β-ガラクトグルカン、キシログルカン、ペプチドグルカン、核酸などの免疫機能を高める多糖類が豊富に含まれています。これらの成分は、人の自然治癒力を高める効果をもたらすとされています。

アミノ酸類  アミノ酸類として、グリシン、アラニン、リジン、メチオニン、チロシンなどが含まれています。

ビタミン類  アガリクスに含まれるビタミン類は、ビタミンB1、B2、D、K2、ナイアシン、パントテン酸などです。

ミネラル類  アガリクスにはミネラルも豊富で、コバルト、ゲルマニウム、カリウム、マンガンなどが含まれています。

その他の成分  その他、繊維質や酵素類も含有されています。



主な効果・効用 ◆〔アガリクス〕の主な効果・効用は何ですか?
アガリクスの有効成分の主体  アガリクスの効能の源泉となるものは、多糖類の中のβ-グルカン(特にβ-グルカン-D)であり、他のキノコ類に比べて最多の含有量となっています。多糖類とは、ブドウ糖が多数結合した成分で、一般の穀物やイモ類、緑黄色野菜などに多量に含まれています。

β-グルカンの効能  アガリクスの効能としては、免疫賦活作用、動脈硬化抑制、および老化防止などの作用があります。アガリクスに含有されるβ-グルカン-Dは、正常な細胞組織の免疫機能を活性化して人の自然治癒力を高めるとともに、異常細胞を攻撃し、撃退する作用を持っているとと報告があります。

 がんの免疫療法では、抗がん剤を使用します。この際、抗がん剤とアガリクスを併用することで、免疫力を高め、維持し、副作用を軽減することにより抗がん剤の効果を高める作用が出るとされています。


用法・用量 ◆〔アガリクス〕の用法・用量はどうなりますか?
アガリクスの用量  アガリクスは、茸として成育し傘が開いてしまうと、含まれている酵素の作用により、数時間以内に黒く変色してしまいます。このため、アガリクスは傘が開く寸前に採取し、すばやく乾燥させ、この酵素の働きを一時的に抑制し、長期保存ができるようにしています。

 アガリクスを摂取する場合、ひとつの目安量は、β-グルカンとして、毎日500~2000mgです。


副作用・留意点 ◆〔アガリクス〕の副作用や留意点はありますか?
キリンウェルフーズ社のアガリクス顆粒  2006年2月13日に、厚生労働省は、「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒」を販売するキリンウェルフーズ社に対して、自主的な販売停止と回収とを要請しました。

 厚生労働省の発表では、製品自体に発ガン性はないものの、ラットによる実験で発ガン作用を助長する結果が出たからということです。

 尚、キリンウェルフーズ社以外の2製品についても同様な実験をしたが、特に問題は見つかっていないとされています。

 健康食品の製造原料や、製造方法などは異なるために、どの健康食品についても同様なことは起こる可能性があります。健康食品を摂取しているつもりが思わぬ健康被害を招くこともあることを十分に理解s、しっかりした技術を持った企業により開発された製品を使用することが必要です。