基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔ココヤシ〕

熱帯性果樹類とは アセロラ アボカド ココヤシ
グアバ ドリアン ナツメヤシ バナナ
パパイヤ パイナップル マンゴー

ココヤシの写真 
(出典:Wikipedia, the free encyclopedia) 
 ココヤシは、単子葉植物ヤシ科の高木です。ヤシ科植物としては最も利用価値が高い植物とされています。

 通常単にヤシといえばこのココヤシを指します。

 ココヤシの果実は「ココナッツ」と呼ばれ、お菓子類などの素材として非常に多く利用されています。

 ココヤシの木は幹はやや斜めに伸び、途中で屈曲しますが、樹高が30mにも達するものもあります。羽状複葉を呈する葉の長さは最大では5mにもなります。ココヤシは世界中の熱帯で栽培されています。

 ココヤシの原産地は、ポリネシアから熱帯アジアですが、現在では世界中の熱帯地方で栽培されています。


 ココヤシの果実は、熟すと30cmほどの楕円形になります。果実は緑色で、先端がややとがっています。

 果実の最外側には丈夫な繊維質の層があり、その中に硬い殻で包まれた種子があります。果実は海水に浮かぶので、遠距離への種子の分散に役立ちます。
 果実であるココナッツは主に食用となります。硬い殻の内部周縁部には固形胚乳層があり、中央部には液状胚乳層があり、液状胚乳はそのまま飲用されます。固形胚乳はそのまま食べるか、料理の素材として利用されます。

 これを乾燥させたものは「コブラ」と呼ばれ、工業原料などにもなります。