基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔グアバ〕

熱帯性果樹類とは アセロラ アボカド ココヤシ
グアバ ドリアン ナツメヤシ バナナ
パパイヤ パイナップル マンゴー

グアバの写真 
(出典:Wikipedia, the free encyclopedia) 
 グアバは、フトモモ科の熱帯性低木で、グァバやグヮバとも呼ばれます。

 グアバの和名は「バンジロウ」ですが「蕃石榴(バンザクロ)」とも呼ばれます。沖縄ではバンシルーなどとよぶ方言があります。

 グアバは葉は5~15cmほどの楕円形となります。

 そして、直径3~10cmほどで球型あるいは洋ナシ型の果実が実ります。果実の色は薄緑色から黄色で成熟するとピンクや赤色になるものもあります。

 果実は独特な香りをもち、果肉は白から橙色をしていて、内部には多くの種子が入っています。


 グアバの果実はそのまま生で食べたり、生のグアバに食塩やプルーンの粉末、酸梅粉(乾燥梅干の粉末)などをつけて食べられます。

 グアバを茹でたものは、キャンデーやジャム、ゼリー、ネクターなどの素材として使われます。

 グアバの果実にはビタミンA、ビタミンB、ビタミンCが豊富です。
 また、グアバの葉にはポリフェノールが豊富で糖分の吸収を緩やかにする作用があるため、「グアバ茶」と呼ばれる健康茶として使われます。

 熱帯地方ではグアバは食用として栽培されますが、栽培品種には「ストロベリー」「コスタ・リカ」「アップル」「ギニア」「カットリー」「マウンテン」などがあります。