基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔パパイヤ〕

熱帯性果樹類とは アセロラ アボカド ココヤシ
グアバ ドリアン ナツメヤシ バナナ
パパイヤ パイナップル マンゴー

パパイヤの写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 パパイアやパパイア科パパイア属の多年生の常緑小高木で、その果実もパパイアと呼ばれます。別名として「パパイヤ」「チチウリノキ(乳瓜木)」、「モッカ(木瓜)」、「パウパウ」、「ママオ」「ツリーメロン」などとも呼ばれます。

 パパイアの原産地はメキシコ南部ですが、現在では多くの熱帯地方で栽培されています。日本でも沖縄では自生しています。

 パパイアの果実の中央部の中空部分には黒い種子が多数入っていて、その周りの果肉が食用となります。パパイアには特有なクセの強い甘味があります。

 パパイアの未熟果実は、たんぱく質の分解酵素パパインを含ぬので肉料理に用いられ、食肉軟化作用や消化促進作用があります。未熟の青いパパイアは、果肉を千切りにして水に晒して炒め物とするなど野菜のひとつとして利用されます。

 果肉は細切りし乾燥させてドライフルーツにすることもあります。台湾では、果肉を切ったものと牛乳をミキサーにかけたパパイア牛乳が名物となっています。