基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔パイナップル〕

熱帯性果樹類とは アセロラ アボカド ココヤシ
グアバ ドリアン ナツメヤシ バナナ
パパイヤ パイナップル マンゴー

パイナップルの写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 パイナップルは、パイナップル科の多年草で、単に「パイン」とも呼ばれます。

 名称の由来は、果実の形が松かさににていて、味がリンゴに似ていることから「パイン」+「アップル」=「パイナップル」となったとの説があります。

 パイナップルの原産地は、ブラジル、パラナ川とパラグアイ川の流域地方ですが、新大陸発見時には、既に新世界各地に伝播し栽培されていたとされます。

 フィリピンへは1558年、ジャワへは1599年、台湾には1650年頃に伝わり、日本へは1830年頃伝来したとされています。パイナップルは、熱帯のやせた酸性土壌や乾燥下でもよく生育します。

 パイナップルの果実には芳香があり、多汁で爽やかな酸味と甘味をもちます。糖分、クエン酸やリンゴ酸などの酸類、カリウムやカルシウムなどのミネラル、ビタミンCやビタミンBなどを豊富に含んでいます。

 また、果汁には肉類の消化を促進する、たんぱく質分解酵素ブロメラインを含みます。酵素の作用で、肉類と同時に摂取すると消化がよくなります。肉類と一緒にしておくと肉類を柔らかくする効果もあります。熟した果肉の皮を剥いて生食に用いることも多いです。