基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔いんげん豆〕

豆類とは 大豆 小豆 そら豆
いんげん豆 えんどう豆 黒豆 ガウクルア
ソフォン

インゲンマメの写真 
(出典:Wikipedia, Tietoja) 
 いんげん豆は、マメ科の一年草で隠元豆とも書かれます。

 別名として「サイトウ(菜豆)」や「サンドマメ(三度豆)」などの名称で呼ばれることもあります。

 英語名は「Phaseolus vulgaris」です。

 日本では全国生産量の約90%が北海道で生産され、中でも十勝平野が栽培の中心となっています。

 いんげん豆には、若いさやを塩茹でして和え物やおひたしにして食べる「サヤインゲン」と呼ばれる軟莢種と、成熟した種子を食べる種実用種とがあります。

 いんげん豆の仲間には、金時豆(赤いんげん豆)やうずら豆、虎豆などがあります。

 また、白いんげん豆として手亡(てぼう)や大福豆などがあります。


 種実用種のいんげん豆は、乾燥させた成熟後の種子を煮豆や甘納豆、お菓子の餡子用として用いられます。

 白いんげん豆は、フランス料理やイタリア料理で多用され、ラテンアメリカ諸国などでは重要なタンパク源ともなっています。

 なお、ハナマメやフジマメも近縁種ではありますが、いんげん豆とは別種の豆です。