基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔カブ〕

根菜類とは 人参 大根 ゴボウ
カブ レンコン マカ 切干大根

蕪・カブの写真  
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 カブ(蕪)はアブラナ科アブラナ属の越年草です。別名として「カブラ」「カブナ」「カブラナ」および「スズナ(鈴菜)」などもと呼ばれます。

 カブの原産地は、アフガニスタン原産のアジア系カブと、中近東から地中海原産のヨーロッパ系のカブとがあります。

 カブの白い根の部分には、ビタミンCやカリウム、アミラーゼなどが含まれています。

x  ジアスターゼは、胃腸薬などに使われているでんぷん分解酵素で、でんぷんの消化を助ける働きがあります。

x  辛味成分のイソチオシアネートも含まれていて、がんの予防に効果があるとされます。

x  葉の部分には鉄や食物繊維、カルシウム、ビタミンAが豊富に含まれていて、骨粗しょう症や貧血の予防、便秘の改善に効果が期待されます。


原産地・歴史 ◆〔カブ〕の原産地や歴史をご説明します。
カブの原産地・歴史  カブはいわゆる「春の七草」のひとつ「すずな」のことです。カブはアブラナ科の野菜で白菜や小松菜などの仲間です。大根に似ていますがちょっとちがいます。

 カブは、最も古い重要野菜の一つで、その原産地には2系統があり、ひとつはアフガニスタン原産のアジア系、もうひとつは中近東から地中海沿岸原産のヨーロッパ系です。

 ヨーロッパ系のかぶは紀元前から栽培され、古代ギリシャの史料に登場します。しかし、ヨーロッパ系が広く普及したのは16世紀以降だとされています。アジア系では、中国の詩経に記録があります。

 日本には弥生時代に大陸から伝来したとされていますが、古事記に「吉備の菘菜(あおな)」とあり、カブを指すと考えられています。確実な記録として、日本書紀には、西暦693年(持統天皇の7年)に、五穀を補う作物として、カブの栽培を推奨するおふれが出されたと記されています。

 二つのカブの系統が日本の各地で独自に品種改良され、多くの地名がついたカブの品種が成立するようになりました。カブは、現在では、世界中の温帯地方で広く栽培されています。

 カブという名称の語源には諸説があり明確ではありませんが、頭を意味する「かぶり」、根を意味する「株」、カブラの女房詞である「オカブ」などではないかとされています。江戸時代は漢語で蕪菁(ブセイ)・蔓菁(マンセイ)・扁蘿蔔(ヘンラフク)などと呼ばれていました。

カブの種類  カブの種類はとても多く、子カブ、天王寺カブ、津田カブ、温海カブ、万木カブ、博多据りカブ、聖護院カブ、日野菜カブ、大野紅カブ、金町小カブなどが有名です。特産となっている地名の付いたカブが多いです。

カブの種類
小カブ  小カブは、東京金町の特産品であった「金町こかぶ」を改良したカブで、関東を中心に周年栽培されています。白い根を持ち柔らかいカブです。

 子カブは、最も品種改良に成功した野菜で野菜の芸術品とまでいわれ、きめ細かい真っ白な肌、腰高の美しい形、繊細な甘味が特徴です。小カブは浅漬けに向くカブです。

金町小カブ  金町小カブは、日本で最も生産量が多い代表品種です。根は白く柔らかいカブです。

天王寺カブ  天王寺カブは、大阪市天王寺付近を原産とする白く扁球形のカブです。中型カブの代表的品種です。

津田カブ  津田カブは、島根県松江の津田町で古くから栽培されてきたカブで、その姿から「牛角」とも呼ばれています。主に漬物用としてもちいられます。

温海カブ  温海カブは、山形県の山間地帯、温海町で焼畑栽培されていた庄内藩名産の赤カブです。

万木カブ  万木カブは、滋賀県西万木を原産とする、漬物に適する赤カブです。

博多据りカブ  博多据りカブは、福岡市箱崎で品種改良されたカブです。中型カブとしては大きめなカブです。

聖護院カブ  聖護院カブは、日本で最も大きなカブで5kgほどのものもあります。京都名物の千枚漬け用に用いられています。

日野菜カブ  日野菜カブは、滋賀県特産の紫紅色のカブです。根は細長く30cmほどあります。漬物用に用いられます。

大野紅カブ  大野紅カブは、北海道で江戸期から栽培されてきた、アジア系のカブです。


 本当はカブではないのですが、根が太り見た目がカブと似た姿をしていることから、「カブ」の名を冠される野菜もあります。

カブに類似の野菜
赤カブ  赤カブは、二十日大根のことです。

血カブ  血カブは、アカザ科でホウレンソウの仲間で食用ビートのことです。

カブカンラン  カブカンランは、コールラビのことで、茎が太りキャベツに近いのですが、このように呼ばれます。

スウェーデンカブ  スウェーデンカブは、西洋アブラナの変種で、ルタバガと呼ばれる植物です。カブハボタン、仙台カブとも呼ばれます。

カブナ  カブナは野沢菜のことです。



主な栄養成分 ◆〔カブ〕の主な栄養成分についてご説明します。
カブの主な栄養成分  カブの白い根の部分には、でん粉やグリコーゲンを分解する消化酵素のジアスターゼ(アミラーゼ)やビタミンC、カリウムが含まれています。葉にはビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。

 カブの葉には鉄や食物繊維がほうれん草とほぼ同量含まれ、カルシウムはほうれん草の約5倍の量が含まれています。


主な効能・効用 ◆〔カブ〕の主な効用・効能についてご説明します。
カブの主な効用・効能  ジアスターゼ(アミラーゼ)は、胃腸薬にも使われる栄養成分で、でん粉の消化を助ける働きがあります。胃腸薬や消化剤として市販もされ、胃もたれや胸焼けの治療、予防に効果があります。酵素は過熱するとその効力を失うので生で食べるのがよいです。

 辛味成分のイソチオシアネートは、発がん物質を抑制する作用がり、がんの予防に効果が期待されます。特に肺がん・大腸がん・食道がん・肝臓がんなどの予防に効果があるとされています。

 カブの葉には、ビタミンCやβ-カロチンなどの抗酸化作用の高い成分が含まれているので、がんの予防と進行を抑制する作用があります。


風作用・注意点 ◆〔カブ〕の副作用や注意点についてご説明します。
カブの副作用や注意点  カブには、副作用はありません。


料理のコツ ◆〔カブ〕の料理のコツをご説明します。
カブの料理のコツ  カブは、白い根だけでなく葉の部分も食べると、より多くの栄養が摂取できます。葉は、おひたしや漬け物として食べることができます。葉はアクが強く美味しくないので、軽く茹でて食べるのがよいのですが、茹で過ぎると栄養成分が破壊されてしまうので、軽く茹でるのがポイントです。

 カブは漬物として食べることが多いですが、漬物に限らずいろいろな料理として楽しむこともできます。

カブの食べ方
赤カブ漬け  飛騨高山地方の紅カブを漬けたほどよい酸味の漬物。

すぐきな漬け  京都上賀茂の特産品。暖かい室で乳酸発酵させたもの。

千枚漬け  京都特産の聖護院カブをごく薄切りにして、昆布と漬けます。

日野菜漬け  滋賀県日野特産のカブ。塩で下漬けし、さらにぬか漬けに。

蕪ずし  石川県特産の金沢青カブに米飯、寒ぶりにこうじを加えて発酵させます。

カブの三品漬け  作りおきしておけば、口がさみしい時のお茶請けに便利。