基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔ひじき〕

藻類とは 海苔・のり 昆布 ワカメ
テングサ ひじき もずく あらめ
フコイダン 寒天

ひじきの写真  
(出典:「岩井島のひじき」) 
 ひじきは、褐藻類ホンダワラ科ホンダワラ属の海藻の一種であり、「鹿尾菜」「羊栖菜」などと書かれます。

 ひじきは、波の荒い海岸付近の岩場の潮間帯下部から低潮線付近に繁茂する特徴があり、春から初夏に胞子嚢を付けて成熟します。

 日本では、北海道から本州、四国、九州、奄美大島、沖縄島などの南西諸島に分布し、日本国外では朝鮮半島及び中国南部に分布しています。

 日本では、古くから、ひじきを食べると長生きするとされていて、敬老の日に因んで9月15日は「ひじきの日」となっています。

 ひじきは、生きている間は茶色~褐色ですが、干しひじきにするために乾燥すると、真っ黒に変化します。

 干しひじきは、水に戻してから醤油や砂糖などで煮て食べるのが普通です。


 また、ひじきご飯としたり、サラダや酢の物、天ぷらなどの料理に利用することも多くなっています。

 ひじきに含まれる微量成分のフコキサンチンには、脂肪燃焼効果があるとされ注目されています。