健康・医療館
↓↓ 健康・医療館:グーグル検索 ↓↓
HOME 身体の病気 心の病気 健康保険 介護保険 老人福祉 医療技術 健康診断
医薬品 身体のしくみ 健康増進 栄養成分 健康食品 全身美容術 医療制度 健康用語辞典
健康食品

柚子


柑橘類とは ミカン ポンカン タチバナ オレンジ
グレープフルーツ 柚子 ダイダイ カボス スダチ
レモン 夏ミカン ハッサク イヨカン セミノール
ブンタン カラタチ キンカン    

柚子の写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 柚子(ユズ)は、ミカン科ミカン属(シトラス)の常緑樹で柑橘類のひとつで、果実には凹凸が多いです。

 別名では「ホンユズ」といいますが、別種で小型早熟性の「ハナユズ」もあり、どちらも俗称としてユズと呼ばれています。

 シトラスというのはレモンの木に対する古来の呼び名で、柚子の名称はユノス(柚之酸)に由来します。

 柚子の原産地は中国長江上流で、日本には奈良時代か飛鳥時代に渡来したとされています。

 柚子は、ミカン類の中では最も寒さに強く、東北地方でも栽培できるほどです。

 果実には、フラボノイドやクエン酸、酒石酸、リンゴ酸などの栄養成分が多く含まれています。

 また、果皮には、多くのビタミンCやビタミンPが含まれ、果汁にはカリウムやカルシウムが豊富です。特に、ビタミンCはミカンの3倍も含まれていて、活性酸素の消去など抗酸化作用が期待されます。

 果汁は、酸味が強く食酢として使うこともできます。

 また、独特の香りや酸味をもっているので、凸凹の皮を薄く剥いて、料理の香りづけとして仕上げ段階で使われます。うどんをはじめ、いろいろな料理の薬味として好まれます。

 日本には、冬至に柚子湯に入るという風習がありますが、柚子の香りが癒してくれるだけでなく、疲労回復や神経痛に効果があると信じられています。


原産地・歴史 ◆〔柚子〕の原産地や歴史をご説明します。
柚子の原産地  柚子は、柑橘類のひとつであり、ミカン類の中では最も寒さに強く、東北地方でも栽培されています。「桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿16年」という言葉がありますが、接木をしない樹木だと、結実するようになるまでに15年以上も必要ですが、一方で樹木の寿命は長く病気にも強い木です。

 本来、柚子と呼んでいるものは、いわゆる本ユズ(ホンユズ)のことで、この原産地は中国中央部〜西域、揚子江上流とされています。日本への伝来は飛鳥時代、奈良時代の頃ですが、中国から直接伝来したのか朝鮮半島を経由して来たかについては定かではありません。

柚子の語源  柚子の語源は中国の「柚」からきています。「子」の文字が付いたのは、ユズの樹木が「柚」であり、その果実「柚(ユ)の実(ズ)」と呼ばれ、それが「柚子」と変化したものと考えられています。

 一方、柚子は古来より食酢として利用されたので、本来の「柚」から「柚酢」となり、更に「柚子」と変化したとの説もあります。

 不思議なことですが、現在では中国で柚子というと日本での「文旦」を意味し、日本での柚子に相当する言葉は中国では「香橙」となっているそうです。韓国では日本と同じ柚子と書かれます。

柚子の種類  現在日本で栽培されているユズの品種には、それぞれに特徴のある三つの系統「木頭系(本柚子:ホンユズ)」「山根系」および「多田錦」とがあります。その他にも多くの選抜品種があるのですが、一般にはあまり販売されていません。本柚子の果実は比較的大きく凸凹な表面をしています。

 本柚子とは別の植物ですが、柚子の類縁植物に「花柚子」というものがあります。「ハナユズ」「ハナユ」などとも呼ばれます。柚子に比べるとやや低木で、香りのある純白の花が咲き、早熟性の果実はやや小型で黄色く熟します。

 日本では、しばしばホンユズもハナユズも混同されて、両方とも単に「柚子」や「ユズ」と呼ばれることが多いです。

日本で栽培されるユズの系統
木頭系  木頭系のユズがいわゆる「ホンユズ」のことです。木は大きくなり、果重は約130gほどの果実が多数なります。中程度の棘を有し、4年生程で結実します。

山根系  山根系のユズは、早期結実品種として栽培されるユズです。果重は約120gほどで、棘は小さめで少ないです。3年生程で結実しますが耐寒性はそれほど強くありません。

多田錦  多田錦は、無核・種無しユズとして栽培されます。果実はホンユズより小さ目で、香りもやや劣りますが、果汁は多目です。棘も小さめで少ないため、強風時でも果実を傷めることが少ないので栽培しやすいとされます。


 柚子は柑橘類の中でも最も強い耐寒性があり、果実には独特な香りと酸味があることから料理用として愛用され東北以南の全国各地で栽培されています。世界的に見ても日本が柚子の最大生産地・消費地です。柚子には、「健康美」という花言葉があります。

 日本での柚子の産地は、高知県馬路村や北川村など高知県東部地方の山間部や山梨県増穂町、栃木県茂木町などが有名です。

 海外では、中国の一部地域や、韓国最南部の済州島や全羅南道高興郡などで栽培されています。




主な栄養成分 ◆〔柚子〕の主な栄養成分についてご説明します。
柚子の主な栄養成分  柚子の果実には、フラボノイド、クエン酸、酒石酸、リンゴ酸などの栄養成分が多く含まれています。また、果皮には、多くのビタミンCやビタミンPが含まれ、果汁にはカリウムやカルシウムが豊富に含まれます。


主な効能・効用 ◆〔柚子〕の主な効用・効能についてご説明します。
柚子の主な効用・効能  柚子は日本人の食卓に薬味として欠かせない食物です。独特の香りと酸味が料理を引き立て、減塩にも役立ちます。

 柚子は、果実にも皮にも優れた栄養成分が多く含まれるので健康食品のひとつとして効果がありますが、中でもビタミンCやフラボノイドは抗酸化作用の働きがあるので、活性酸素を抑制しコレステロール値を下げるなどの効果が期待されます。

柚子の栄養成分や効能
ビタミンC  柚子は柑橘類の中でも、柚子100g当たりに150mgもの豊富なビタミンCを含んでいて、レモンの3倍もあります。

 ビタミンCにはコラーゲンを生成する働きがあり、女性の肌荒れや冷え性に効果的で、美肌効果だけでなく、体内の細胞を活性化させ、脂肪の燃焼を促進します。

有機酸類  柚子の果実には酸味成分として、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸類が多く含まれています。

 リンゴ酸は、疲労回復効果があり、筋肉痛や肩こりを和らげてくれます。クエン酸は胃液の分泌を促し、胃痛や胸やけの予防効果があります。

フラボノイド  ビタミンCやフラボノイドには老化や病気の原因となる活性酸素を消去する働きがあり、アンチエイジングに効果があります。血中コレステロールの低下や抗ウイルス作用もあるとされます。

食物繊維  柚子に含まれる食物繊維のペクチンは、腸を整え、下痢や便秘を予防する効果があります。

シトラール  柚子の香り成分のシトラールには血行促進、新陳代謝を促進する働きがあります。

リモノイド  柚子の苦味成分であるリモノイドは、悪玉コレステロールの抑制や抗ガン作用があるとされます。

ミネラル類  柚子100g中のカルシウム含有量は75mg、カリウムは260mg含まれます。



風作用・注意点 ◆〔柚子〕の副作用や注意点についてご説明します。
柚子の副作用や注意点  柚子は古来より日常的に使用されてきた食品であり、副作用は報告されていません。常識の範囲での摂取であれば完全に安全です。


料理のコツ ◆〔柚子〕の料理のコツをご説明します。
柚子の料理のコツ  柚子の果汁は、日本料理での調味料として、香味や酸味を加えるために使用されます。果肉部分だけでなく、柚子の皮も七味唐辛子の重要成分として加えられ、香辛料、薬味として役立ちます。

 柚子は熟しても酸味が非常に強いので、直接食用にはなりませんが、果皮を薄く輪切りにして、砂糖や蜂蜜に漬け込んで食べることがあります。柚子の果汁をチューハイに用いたりもします。

 韓国では、柚子をマーマレード状に煮込んで、お湯または水で薄めた柚子茶が好まれているようです。

 柚子の独特の爽やかな香りのために、果皮を圧搾して精油を採取し、香水やアロマテラピーなどに用いることもあります。

 柚子の利用法のもうひとつは柚子湯です。これは日本に古来より伝わる伝統的習慣で、冬至の日に柚子の湯で入浴するというものです。柚子湯の作り方は、柚子の果実を数個を輪切りにしてお風呂に浮かべるだけです。柚子の果実のままでもよいです。

 柚子をお風呂に浮かべることで、血行促進効果があり、冬場に女性の手などにできるあかぎれやヒビなどを治したり、風邪の予防になると伝承されています。

 一説では、柚子湯には、冷え性や神経痛、腰痛などの症状を和らげる効果、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果などもあるといわれています。

健康食品・サプリメント ◆〔柚子〕の市販健康食品・サプリメントはありますか?
市販柚子・サプリメントの例  柚子を含有する健康食品・サプリメントは、ウエルシアなどから販売されています。これらのご利用に関しては、販売会社のご説明だけでなく、上記の内容もよく理解して下さるとよいと思われます。

柚子サプリメント例
ウエルシア ・なごみボディソープ 温泉仕立てのんびり柚子の香り 詰替
・ロート製薬 役草堂 柚子洗顔フォーム
・花王 リーゼ まとめ髪用柚子水 本体 100ml
・花王 リーゼ まとめ髪用柚子水 つめかえ用 180ml
・五洲薬品 あっため亭 ゆずの香り 50g