基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔タチバナ〕

柑橘類とは ミカン ポンカン タチバナ
オレンジ グレープフルーツ 柚子 ダイダイ
カボス スダチ レモン 夏ミカン
ハッサク イヨカン セミノール ブンタン
カラタチ キンカン

タチバナの写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 タチバナ(橘)は、ミカン科ミカン属の常緑小高木で、別名で「ヤマトタチバナ」「ニッポンタチバナ」とも呼ばれます。

 橘の木は、樹高2~4mで緑色の枝は密に生え、若い幹には棘があります。葉は濃い緑色をしていて光沢があります。

 タチバナは、日本古来より野生していた日本固有の柑橘類で、和歌山県、三重県、山口県、四国、九州の海岸に近い山地にまれに自生しています。

 タチバナの果実は、直径3cmほどで表面は滑らかで、外観的には温州みかんや紀州みかんなどに似ています。

 タチバナは、黄色く熟しても、果肉は酸味が強いため生食用には不向きです。しかし、果肉の香りはとてもよいので、マーマレードなどの食品に加工されることが多いです。

 果皮から抽出したエキスは、美白化粧品の原料として利用されます。

 女性の大敵であるシミやそばかすなどの予防効果があるとされ、紫外線から細胞を守り、メラニンの生成を抑制すると考えられています。