基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔オレンジ〕

柑橘類とは ミカン ポンカン タチバナ
オレンジ グレープフルーツ 柚子 ダイダイ
カボス スダチ レモン 夏ミカン
ハッサク イヨカン セミノール ブンタン
カラタチ キンカン

オレンジの写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 オレンジはミカン科ミカン属の常緑小高木、およびその果実をいいます。

 日本での正式名称(和名)は、「アマダイダイ(甘橙、甘代々)」で、スイートオレンジとも呼ばれます。

 オレンジの原産地はインドのアッサム地方で、15~16世紀に中国経由でリスボンに伝わり、その後、全世界に伝播したとされています。

 そして、日本へのオレンジの導入は明治時代のことです。

 現在の主な生産国は、アメリカ、ブラジル、スペイン、イタリア、メキシコなどです。日本でも生産はされますがそれほど多くなく、大部分はアメリカ・カリフォルニアからの輸入品です。

 オレンジは、大きな分類として次の三種類に分けられます。この内、スーパーなどで見かけるバレンシアオレンジは、普通オレンジの一種です。

 ・普通オレンジ
 ・ネーブルオレンジ
 ・ブラッドオレンジ



 ネーブルオレンジには、お尻に「navel(へそ)」が付いている特徴があります。

 また、ブラッドオレンジは、血液のような真っ赤な果肉から、英語の「blood(血液)」に由来しています。

 オレンジの果皮、果肉はともに橙色~赤色をしていて多汁です。香りが高く適度な甘味と酸味を有していて生食されたり、肉料理のソースとして用いられます。果皮はリキュールの一種である「キュラソー」の原料ともなります。
 オレンジの主な栄養成分は、蔗糖、クエン酸、ビタミンC、ビタミンAなどで、その他にも、遊離アミノ酸のアスパラギン、アスパラギン酸、プロリン、γ-アミノ酪酸、アルギニンなどを多く含みます。

 オレンジに豊富に含まれるビタミンCは、抗酸化物質として活性酸素を除去する働きがあります。

 また、ミネラルのカリウムには、塩分(ナトリウム)を排泄する作用があり、高血圧予防に効果が期待されます。