基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔夏ミカン〕

柑橘類とは ミカン ポンカン タチバナ
オレンジ グレープフルーツ 柚子 ダイダイ
カボス スダチ レモン 夏ミカン
ハッサク イヨカン セミノール ブンタン
カラタチ キンカン

夏ミカンの写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 いわゆる夏ミカンは、正式名称は「ナツダイダイ」ですが、ミカン科ミカン属の柑橘類の一つです。

 この果実には、次のような多くの別名もあります。

 ・ナツカン(夏柑)
 ・ナツダイダイ(夏橙)
 ・ナツシロ(夏代)
 ・ハギミカン(萩ミカン)



 江戸時代中期の頃、山口県長門市仙崎大日比(青海島)に漂着した柑橘の種を地元に住む西本於長が播いて、育てたのが夏ミカンの起源とされています。この原木は現存史跡及び天然記念物に指定されています。


 夏みかんは夏の果物と思いがちですが、熟すのは秋の季節で、翌年までそのまま放置し、酸味が抜けるのを待ち、翌年の春以降に収穫します。

 夏みかんは、厚い皮を剥いてそのまま生食するのが普通ですが、加工品である砂糖漬け(丸漬け)やゼリーなどとしたり、あるいは、サラダの材料にしたり、ヨーグルトに入れて食べることもあります。

 クエン酸がミカンの倍ほども含まれていて、酸っぱいですが、ビタミンCも豊富なので、一日ひとつ食べればビタミンC不足になることはありません。
 クエン酸は、体内で蓄積した乳酸を分解し、エネルギーを産生する有効な成分であり、強力な疲労回復効果を発揮します。スポーツや激しい肉体労働の後に、夏みかんを食べると疲労回復を実感できます。

 ビタミンCには、シミ、ソバカス予防など美容改善効果があるほか、二日酔い回復効果、風邪予防などの効果もあります。

 夏みかんの皮を陰干しにして布袋に入れ、ぬるめのお風呂に浮かべると、神経痛やリュウマチ、腰痛などに効果のある薬湯、夏みかん湯を楽しめます。ゆるやかにお湯に浸かることで、筋肉や神経の痛みをほぐしてくれます。夏みかんの皮で皮膚をマッサージすると美容効果もあるとの説もありますが、これはどうなのでしょうか。