基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔ささげ〕

果菜類とは キュウリ ズッキーニ ゴーヤー
とうがん かんぴょう かぼちゃ しろうり
キワノ ヘチマ なす トマト
ししとう オクラ ささげ ピーマン
ペピーノ カプサイシン

ササゲの写真 
(出典:「サラダコスモ」) 
 ささげは、マメ科の一年草で、つる性の種類とつる無しの種類とがあります。ささげは莢の先が上に反り返り、物を「捧げる」手の形に似ていることからこう呼ばれるようになったとの説などがあります。また、豆が角ばることから大角豆と呼ばれることもあります。

 ささげの原産地はアフリカです。日本では、平安時代に「大角豆」として記録があり、江戸時代には「(豆工)豆」の名称での記述があります。(豆工でひとつの文字)

 ささげの豆の色は赤色、黒色、褐色、白色、白赤斑のものがあり、形状は腎臓形をしています。つる性種は草丈2m以上になりますが、つる無し種では30cm程度です。暑さに強く、寒さに弱い植物です。

 赤飯を炊くとき、小豆は皮が破れてしまうのに対し、ささげは皮が破れないので、その昔の武士たちは赤飯にはささげを用いました。腹が破れるのは切腹をイメージするためといわれます。