基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔桜桃(さくらんぼ)〕

落葉性果樹類とは 木苺属(きいちごぞく)とは
林檎(りんご) 梨(なし) 柿(かき) キウイフルーツ
花梨(かりん) 杏(あんず) 梅(うめ) 桜桃(さくらんぼ)
桃(もも) 李(すもも) プルーン 栗(くり)
胡桃(くるみ) 銀杏(ぎんなん) 団栗(どんぐり) 葡萄(ぶどう)
石榴(ざくろ) 棗(なつめ) ブルーベリー ブラックベリー
グミ 木通(あけび) 無花果(いちじく) エゾウコギ
イチョウ葉エキス 梅肉エキス

さくらんぼ・桜桃 
(出典:Wikipedia the free encyclopedia) 
 さくらんぼは、バラ科サクラ属の落葉高木の果実をさし、「桜桃」とも呼ばれます。

 さくらんぼには丸みを帯びた赤い実のものが多いですが、品種によっては黄白色や赤暗色で紫がかったものなどもあります。さくらんぼの中にはひとつの種が入っています。

 さくらんぼの生産者は桜桃と呼び、店頭に並ぶ商品はサクランボと呼ばれることが多いです。

 生食用のさくらんぼは、主にセイヨウウミザクラという種類の桜の果実です。日本で入手できるさくらんぼには国産もありますが、アメリカ産品も多くあり、輸入品の方が甘味が強いです。

 さくらんぼには、カリウム、葉酸、アントシアニン、ソルビトールなどの栄養成分が含まれていて、高血圧や動脈硬化の予防効果があります。

 紫色したさくらんぼには、ポリフェノールであるアントシアニンが含まれているので、眼精疲労や視力回復の効果も期待されます。


原産地・歴史 ◆〔桜桃(さくらんぼ)〕の原産地や歴史をご説明します。
桜桃(さくらんぼ)の原産地・歴史  さくらんぼ有史以前より、イラン北部からヨーロッパ西部で自生していた甘果桜桃(西洋実桜:セイヨウミザクラ)の一種で、紀元前より栽培されていました。別の品種である酸果桜桃(スミノミザクラ)の原産地はアジア西部のトルコ辺りとされています。

 日本でさくらんぼが栽培されるようになったのは、明治初期のことで、アメリカやフランスから導入されたものが定着しました。現在では、山形県や青森県や山梨県などで多く栽培されています。


主な栄養成分 ◆〔桜桃(さくらんぼ)〕の主な栄養成分についてご説明します。
桜桃(さくらんぼ)の主な栄養成分  日本で流通するさくらんぼには、国産品とアメリカ産品とがあります。アメリカ産品の方が甘味が強く、国産品は甘酸っぱさをもっています。

 さくらんぼの主な栄養成分は、カリウム、葉酸、アントシアニン、ソルビトールなどです。


主な効能・効用 ◆〔桜桃(さくらんぼ)〕の主な効用・効能についてご説明します。
桜桃(さくらんぼ)の主な効用・効能  さくらんぼに含まれるカリウムの含有量は比較的多く、高血圧予防や動脈硬化予防に効果が期待されます。また、比較的多く含まれる葉酸は、貧血予防などに効果的です。

 輸入されるさくらんぼにはアントシアニンという一種のポリフェノール色素が含まれ、眼精疲労や視力回復に効果があるとされています。

 さくらんぼに含まれるソルビトールは虫歯予防にも使われる天然甘味料で、便秘改善に効果があるとされています。


風作用・注意点 ◆〔桜桃(さくらんぼ)〕の副作用や注意点についてご説明します。
桜桃(さくらんぼ)の副作用や注意点


料理のコツ ◆〔桜桃(さくらんぼ)〕の料理のコツをご説明します。
桜桃(さくらんぼ)の料理のコツ  サクランボはチョコレートサンデーのトッピング材料として使ったりします。

 サクランボを使った料理には、さくらんぼアイスやさくらんぼジャム、さくらんぼ酒というものがあります。また、さくらんぼスープなるものもあるようです。