基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔プルーン〕

落葉性果樹類とは 木苺属(きいちごぞく)とは
林檎(りんご) 梨(なし) 柿(かき) キウイフルーツ
花梨(かりん) 杏(あんず) 梅(うめ) 桜桃(さくらんぼ)
桃(もも) 李(すもも) プルーン 栗(くり)
胡桃(くるみ) 銀杏(ぎんなん) 団栗(どんぐり) 葡萄(ぶどう)
石榴(ざくろ) 棗(なつめ) ブルーベリー ブラックベリー
グミ 木通(あけび) 無花果(いちじく) エゾウコギ
イチョウ葉エキス 梅肉エキス

プルーン 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 プルーンは西洋スモモのことで、原産地はコーカサス地方です。

 新鮮なプルーンは生食されますが、ドライフルーツやプルーンシロップにされるものも多いです。

 欧米ではプルーンは、「命の果実」「奇跡の果物」などと呼ばれ、生のままでもドライフルーツでもビタミンやミネラルを多量に含む栄養価の高い果物です。

 プルーンには、鉄分やビタミンA,ビタミンB群が多く含まれているため、貧血や肌荒れに効果があります。水溶性食物繊維のペクチンが豊富で、便通を促進し、血液や肌をキレイニする効果が期待できます。

 プルーンには、カリウムが含有されていて、ナトリウムの体外排出作用があり、高血圧予防効果や利尿効果が期待できます。

 また、最近の研究では、多くの野菜や果物、豆類などの中で最も大きな抗活性酸素作用があるとされます。更に、プルーンに含まれる抗酸化物質のネオクロロゲン酸は、フェノール類のひとつで、LDLコレステロールの酸化を阻止する作用があります。


原産地・歴史 ◆〔プルーン〕の原産地や歴史をご説明します。
プルーンの原産地・歴史  プルーンの原産地はコーカサス地方とされています。

 現在、アメリカ、カリフォルニア州がプルーンの世界一の産地となっています。プルーンは雨に弱いので日本では主に長野や青森、北海道などで栽培されています。


主な栄養成分 ◆〔プルーン〕の主な栄養成分についてご説明します。
プルーンの主な栄養成分  プルーンの主な栄養成分は、カリウム、鉄、ビタミンAです。ドライプルーン(約100g)当りの栄養成分は、カリウム 480mg、鉄 1mg、ビタミンA 210μg です。

 プルーンは、欧米では奇跡のフルーツと呼ばれ、食物繊維はバナナの約7倍、鉄分は約3倍、ビタミンAは約20倍も含まれています。このように、プルーンは現代人に不足しているといわれる栄養素をたくさん含んでいる果物です。

 ドライフルーツの状態であれば、手軽にそのプルーンの栄養素も摂ることができるので、ドライプルーンを食べることがお勧めです。


主な効能・効用 ◆〔プルーン〕の主な効用・効能についてご説明します。
プルーンの主な効用・効能  プルーンに多く含まれるカリウムは、利尿作用があり、塩分(ナトリウム)を体外に排出する作用があるので、高血圧を抑制します。水溶性食物繊維ペクチンも多く含まれ、便通をよくする効果があります。鉄分は、貧血や肩こりの解消に効果があります。


風作用・注意点 ◆〔プルーン〕の副作用や注意点についてご説明します。
プルーンの副作用や注意点


料理のコツ ◆〔プルーン〕の料理のコツをご説明します。
プルーンの料理のコツ  ドライプルーンには甘みがあり、ワインやブランデー、紅茶に漬けるとデザートとして美味しく食べられます。ケーキやパイに入れても美味しく食べられます。