基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔ブルーベリー〕

落葉性果樹類とは 木苺属(きいちごぞく)とは
林檎(りんご) 梨(なし) 柿(かき) キウイフルーツ
花梨(かりん) 杏(あんず) 梅(うめ) 桜桃(さくらんぼ)
桃(もも) 李(すもも) プルーン 栗(くり)
胡桃(くるみ) 銀杏(ぎんなん) 団栗(どんぐり) 葡萄(ぶどう)
石榴(ざくろ) 棗(なつめ) ブルーベリー ブラックベリー
グミ 木通(あけび) 無花果(いちじく) エゾウコギ
イチョウ葉エキス 梅肉エキス

ブルーベリー  
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 ブルーベリーはツツジ科のスノキ属の小さい果樹で、熟した果実が濃い青紫色になることからこのように呼ばれます。

 原産地のアメリカでは古くから食用として使用されてきましたが、20世紀以降に、多くの品種改良がなされ、現在では広く世界で栽培されています。

 ブルーベリーは改良品種だけでなく、野生のものも、豊富なアントシアニンを含有しています。写真でわかるようにアントシアニン含有植物特有な紫色をしているのがわかります。


 豊富に含まれているアントシアニンは、適量摂取すれば、視神経によく、眼精疲労の改善や視力回復にも確かな効果があります。

 このアントシアニンには活性酸素を消滅させる強い抗酸化力があるため、がんをはじめ、多くの病気から身体を守る効能があるとされています。
 含有されるビタミンEは、血液循環をよくする成分でもあるので、血液サラサラ効果のほか、高血圧や動脈硬化の予防にも効果が期待されます。

 健康医療に関係する効果だけでなく、ブルーベリーは基本的には食品なので、生食のほか、ジャムにしても楽しめます。

原産地・歴史 ◆〔ブルーベリー〕の原産地や歴史をご説明します。
ブルーベリーの原産地・歴史  ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属の落葉低木果樹で、原産地はアメリカです。成木は樹高1.5~3mくらいに成長します。0.5~1.5cmくらいの青紫色の実のなる果実です。アメリカで古来より食用として使用されてきたのが、20世紀以降品種改良が加えられて、多くの優良品種が生まれました。


主な栄養成分 ◆〔ブルーベリー〕の主な栄養成分についてご説明します。
ブルーベリーの主な栄養成分  ブルーベリーの主な栄養成分は、アントシアニンです。


主な効能・効用 ◆〔ブルーベリー〕の主な効用・効能についてご説明します。
ブルーベリーの主な効用・効能  ブルーベリーの主な効用は、視覚機能改善作用や眼性疲労改善作用です。ブルーベリーの色素成分アントシアニンには視神経を活性化させ、眼精疲労を和らげる作用があります。

 アントシアニンには、強い抗酸化力、抗腫瘍作用があり、動脈硬化や血栓、高血圧などの予防効果もあるといわれています。

 ブルーベリーを高濃度に濃縮したエキスは、ヨーロッパでは医薬品として認可されていますが、日本やアメリカではあくまで健康食品の一つとして使われています。


風作用・注意点 ◆〔ブルーベリー〕の副作用や注意点についてご説明します。
ブルーベリーの副作用や注意点


料理のコツ ◆〔ブルーベリー〕の料理のコツをご説明します。
ブルーベリーの料理のコツ  ブルーベリーは採れたての完熟品を生食するのが最も美味しいです。生で食べきれないときは、ジャムや酒にして保存食としても楽しむことができます。また、手作りケーキの中に入れても美味しい風味があじわえます。