基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔メキャベツ〕

葉菜類とは 白菜 キャベツ メキャベツ レタス
小松菜 野沢菜 明日葉 ちんげん菜 モロヘイヤ
山東菜 からし菜 ケール クレソン ホウレンソウ
水菜 高菜 タアサイ みぶ菜 はなっこりー
ネギ タマネギ ニラ みつば 春菊
セリ セロリ パセリ サイシン ふき
青汁

メキャベツの写真 
(出典:Fra Wikipedia, den frie encyklopaedi) 
 芽キャベツはアブラナ科の一年草で、原産地は地中海沿岸地方に原生していたケールが祖先の野菜です。芽キャベツには、別名でヒメカンランとコモチカンランとがあります。日本には明治初年に伝来しましたが、一般の食卓に乗るようになったのは戦後のことです。

 芽キャベツは一見、キャベツを小さくしたように見えますが、決してキャベツの若芽ではありません。茎にそって生え、品種によっては一株から50個以上収穫されることもある季節感の強い野菜です。

 芽キャベツに含まれるビタミンCの含有量は非常に多く、活性酸素の発生を抑制してガンの発生を抑制し、細胞を活性化させます。


原産地・歴史 ◆〔メキャベツ〕の原産地や歴史をご説明します。
メキャベツの原産地・歴史  芽キャベツの原産地は、地中海沿岸地方で、自然に原生しているケールが祖先です。ベルギーで品種改良されて現在のものになりました。日本には1868年(明治元年)に伝来しました。実際に民間で栽培されるようになったのは、戦後のことです。


主な栄養成分 ◆〔メキャベツ〕の主な栄養成分についてご説明します。
メキャベツの主な栄養成分  芽キャベツの主な栄養成分は、ビタミンC、食物繊維、ビタミンUです。


主な効能・効用 ◆〔メキャベツ〕の主な効用・効能についてご説明します。
メキャベツの主な効用・効能  豊富なビタミンCが活性酸素の発生を抑制しガンを予防、細胞を活性化させます。食物繊維も豊富で便通をよくします。また、ビタミンUが胃潰瘍などになるのを予防します。


風作用・注意点 ◆〔メキャベツ〕の副作用や注意点についてご説明します。
メキャベツの副作用や注意点


料理のコツ ◆〔メキャベツ〕の料理のコツをご説明します。
メキャベツの料理のコツ  新鮮な芽キャベツは固く締まっていますので、こういうのを選びます。茹でる時は茎の所に十文字に切り込みを入れて火を通しやすくし、塩を加えた熱湯で短時間で茹でるのがコツです。茹で過ぎると美味しくありません。