基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔パセリ〕

葉菜類とは 白菜 キャベツ メキャベツ レタス
小松菜 野沢菜 明日葉 ちんげん菜 モロヘイヤ
山東菜 からし菜 ケール クレソン ホウレンソウ
水菜 高菜 タアサイ みぶ菜 はなっこりー
ネギ タマネギ ニラ みつば 春菊
セリ セロリ パセリ サイシン ふき
青汁

パセリの写真 
(出典:Wikipedia, the free encyclopedia) 
 パセリは地中海沿岸地方の原産で、セリ科に属する二年草です。

 日本では、オランダゼリと呼ばれることもあります。草丈15~20センチで、鮮やかな緑色をした爽やか香りをもつ野菜です。

 パセリは、世界でも有名なハーブの一つで、古代ローマの時代から料理に使われてきました。栽培は比較的容易で、世界各地で広く栽培されています。

 パセリは料理の脇役、付け合せ的存在で目立たない野菜ですが、それなりに栄養成分を含んでいます。

 β-カロテン(体内でビタミンAに転換)はガン予防に効果がありますし、ビタミンCとともに作用してコレステロールの酸化を抑制して動脈硬化を予防します。

 レストランなどで料理の付け合せ、彩りとして添えられるパセリを、どうも苦手という人も多いです。

 ですが、パセリにもそれなりの栄養成分が含まれていて、体にはよいのだからちょっと我慢して食べるといいです。


原産地・歴史 ◆〔パセリ〕の原産地や歴史をご説明します。
パセリの原産地・歴史  パセリの原産地は地中海沿岸地方です。日本に伝わったのは18世紀末のことでした。




主な栄養成分 ◆〔パセリ〕の主な栄養成分についてご説明します。
パセリの主な栄養成分  パセリの主な栄養成分は、ビタミンC、鉄、ビタミンAです。パセリ1本(約10g)当りの栄養成分は、ビタミンC 12mg、鉄 0.75mg、ビタミンA 120μg です。


主な効能・効用 ◆〔パセリ〕の主な効用・効能についてご説明します。
パセリの主な効用・効能  パセリは、料理に色合いを加えたりするだけの野菜かも知れませんが、料理に風味をプラスするのも事実です。

 パセリは、アロマテラピーで使われる精油成分を含むハーブの一つでもあります。独特の香りの素は、アビオールと呼ばれる精油成分です。食欲増進、疲労回復、口臭予防、そして食中毒予防などの効果があります。また、パセリの種子からの抽出液は肌のシミを薄くする効果があります。


風作用・注意点 ◆〔パセリ〕の副作用や注意点についてご説明します。
パセリの副作用や注意点


料理のコツ ◆〔パセリ〕の料理のコツをご説明します。
パセリの料理のコツ  パセリに含まれるβ-カロテン(ビタミンA)を効率よく摂取するには、油と一緒に摂るのが吸収率を高めてくれるので効果的です。天ぷらにしたり肉などと炒めたりするのがいいです。